会員ログイン
商品検索

ホーム

ショッピングカートを見る



メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
      【絹】SILK
ショップ紹介
Fabric-Cafeについて
山梨県富士吉田市を中心とする富士山の北麓は、約1000年前から続く、甲斐絹織りで有名な歴史のある織物の町です。現在、この地方の織物は、郡内(ぐんない)織り・ふじやま織りと呼ばれています。
恵まれた自然が織りなす富士吉田市の織物は、伝統の技に磨きをかけ熟練の技術を持った職人が、大自然の心を織り込んでいます。
ファブリックカフェはシルクを中心とした天然素材を使用し、自社工場にてモノづくりをしております。
富士山の麓、山梨県富士吉田市の職人が織った、ふじやま織りの逸品をお届け致します。
織りから縫製まで全て日本製です。
日本の職人がつくる極上のシルク商品をぜひ手にとってみてください。




     
 

    モバイルショップ

  

QRコードにアクセスして頂くか、http://fabric-cafe.shop-pro.jp/にアクセスしてください。




rss atom
マテラッセ ブラックフォーマル 黒礼装
マテラッセ(ふくれ織り)とは表面に凹凸の柄を織り出した織物です。
立体的でふっくらとした生地が、首元をスタイリッシュに演出します。


富士山の麓に位置し、郡内と呼ばれる山梨県東部富士五湖地方は、全国でも有数の織物の町です。ネクタイについては、日本一の生産量を誇ります。

当店のネクタイは、富士吉田市の自社工房でひとつひとつ心をこめて作っています。


この産地の織物は、江戸時代には「甲斐絹」として花開き、現在は「ふじやま織り」と呼ばれています。
「細番手」「高密度」「先染め」を特徴としています。

・「細番手」「高密度」とは
絹をはじめとする長繊維を織る事を得意としています。
極細の糸(細番手)を高い密度で織る事により、重厚感のある生地となり、繊細な表現が可能になります。
太い糸を少ない密度で織ることに比べ、時間と手間がかかる上に、繊細な技術が必要となります。

・「先染め」とは
製織後に染色する「後染め」や「プリント」に対し、糸を先に染めてから織る方法です。
異なる色彩の糸が、後染めには出せない深みのある色や鮮やかさ、繊細な柄を表現します。

シルクを100%使用しております。
シルクは軽く、弾力性と発色性に優れています。
しわになりにくいためネクタイの素材に最適で、ポリエステルに比べ締めた後、ゆるくなりにくいという特徴もあります。


マテラッセ ブラックフォーマル黒礼装ネクタイ(お葬式・葬儀・お通夜・法事用)
シルク100%
日本製
長さ 143
剣先 8.5cm

洗濯方法:ドライクリーニング


・ 型番
bf-111
・ 販売価格

3,780円(税込)

・ 在庫数
売り切れました。有難うございました。